コツメカワウソは飼える?

ペットにコツメカワウソを飼いたいという人が増えてきました。
もともと、水族館や動物園で人気者だった彼らですが、
北海道でコツメカワウソの赤ちゃんが出産されるなどの
おめでたい話題が、テレビや新聞で最近取扱われた為、
コツメカワウソを是非ペットとして自分でも飼いたいという
希望を持った人が増えてきているのがその理由なのでしょう。

確かにコツメカワウソは「天才!志村どうぶつ園」などで
見るように、その愛くるしい姿で私たちを癒してくれますし、
実際にコツメカワウソをペットとして飼育することは
法律上でも可能です。

ただしその反面、現実にはペットとして
気軽に飼えるものではないということを知っておきましょう。
当然、犬や猫とコツメカワウソの飼育方法は全く違います。

元々コツメカワウソはその毛皮が売買される目的で乱獲され、
今では希少種に指定された小動物でもあります。
それでもペットとしての購入、飼育は許されていますが
コツメカワウソの購入価格は約60〜80万円台と、
とても高価なものになっています。
この時点でも少々手が出しづらいですよね?

また、コツメカワウソをフェレットと同一視するのもNGです。
見た目はとても小さく、ペットに最適な印象を受けますが
本来は川や海沿いの水辺に生息し、そこのザリガニや魚を
主食とする野生動物であることを忘れてはいけません。

もしもコツメカワウソをペットして飼うのなら、まずは
前述したような環境を用意することがベストです。
そして、一般家庭ではそれが難しいことを十分考慮し、
最後の最後まで愛情と責任をもって飼育しましょう。

それが無理だと思うのなら、水族館や動物園へ足を運び
コツメカワウソの姿を堪能するだけに留めておきましょうね。
動物(ペット)は人間のオモチャではないのですから。


▲[コツメカワウソの飼い方!]のトップページへ

コツメカワウソのペット販売店はどこ?

コツメカワウソが今、ちょっとしたブームになっています。
現実にペットとして飼うことが可能なコツメカワウソ。
コツメカワウソはその体長が大人の成体でも実に
40〜65cmまでしかなく、しかもその内の半分程は
尾の長さであるという事から、カワウソとしては
世界で一番小さな種類に属します。

ペットとして見るならフェレットような感覚でしょうか?
更にコツメカワウソの赤ちゃんともなると
生後直後はまだ20pほどしかなく、まさに手の平サイズ!
見ているだけでも、声を聞くだけでも癒される。
ペットにコツメカワウソを飼いたくなるのも頷けます。

では、コツメカワウソはどこのペットショップで
販売されているのでしょう?また、その販売価格は?

代表的なところでは、テレビでも紹介されたことがある
「インナーシティーズー・ノア(ttp://www.kentosh.co.jp/)」
というペットショップ。まずはここで
詳しい情報を収集するのがよいでしょう。

ただし、コツメカワウソはペットとして飼えるとはいっても
ワシントン条約に指定されている「希少種」でもあるために
海外輸入のものを入手することは困難ですし、
国内繁殖の子でも、その価格は実に80万円前後にもなります。

おいそれと購入はできないうえに、もともとは
純粋な野生動物なので、ペットとして飼育するには
覚悟が要るということだけは覚えておきましょう。


▲[コツメカワウソの飼い方!]のトップページへ

コツメカワウソの赤ちゃんに癒されよう

コツメカワウソはペットとして自宅で飼うことが可能な
イタチの仲間、カワウソの亜科にあたる小動物です。
コツメカワウソはその中で最も小さいカワウソなんですよ♪

これまでも動物園等でポピュラーな人気を持っていましたが、
最近になって札幌のサンピアザ水族館で生まれた
コツメカワウソの赤ちゃん達が一般に公開されたり、
テレビ番組でもよくとりあげられたりしているので
その影響からコツメカワウソをペットで飼いたいという人も
多くなってきたようです。

コツメカワウソは生後から2歳ほどになった時から
繁殖可能になるのが一般的だといわれていて、
一度の出産で概ね1〜6頭の赤ちゃんが生まれます。
あの可愛いコツメカワウソの赤ちゃんに自分も癒されたい!
そう思っている人もきっと多いのではないでしょうか?

でもちょっと待ってください。
確かにコツメカワウソはペットとして飼う事も可能ですが、
その前にコツメカワウソに関する知識を少しでも多く知って、
正しい飼育方法で可愛がってあげるようにしましょう。
ペットはオモチャではありません。

くれぐれもぺットとして可愛がるだけ可愛がって
飽きたらポイ捨て!なんてことだけはやめましょうね?

またコツメカワウソは毛皮目的の乱獲で絶滅が危惧される
非常に希少な種でもあり、ペットとして購入するにしても
日本国内で繁殖したものしか基本的には認められていません。

もしも海外輸入のコツメカワウソを飼いたいのなら、
輸出許可が間違いなく得られたものかどうかを
必ず確認するようにしましょう。


▲[コツメカワウソの飼い方!]のトップぺージヘ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。